打撲(だぼく)

打撲は皆さんご存知かと思いますが、いわゆる打ち身です。

野球のデッドボールや転倒した時のように何かが身体に当たったり、逆に何かに身体をぶつけたときに起こります。

打撲も捻挫と同様に軽視されがちなケガですが、1週間以上痛みが続くものは重篤な病態が隠れていることがあります。

損傷が骨にまで及んでいる「骨挫傷」と言われるものや、損傷の強い「挫滅」と呼ばれる状態です。
他にも皮膚の薄い肘や膝の打撲は特に痛みが残りやすいです。

このような病態であれば、痛みの改善に数か月かかることもあります。

ですから、単なる打撲と思わず、痛みや腫れが続いたりした場合は、早めにまるた整骨院もしくは最寄りの整形外科等を受診してください。