肩こり

現在、日本人の半分以上の方が肩こりに悩まされているといわれています。
そんな現状にも関わらず、肩こりを軽減させることのみに主眼を置いた施術が多く見受けられます。
痛みの軽減を図るだけでなく、根本改善を目指さなくてはなりません。

そこで、まずこちらのページを見てくださった皆さんにだけ肩こりの隠された真実を3つお教えいたします。

1、肩こりは姿勢のせい?加齢のせい?運動不足?

答えはどれもNOです。
よくテレビなどのメディアではこのような原因が挙げられています。
ですが、考えてください。周囲に姿勢が悪くても肩こりの無い人はいませんか?
加齢の方も同様です。私の祖母は90を超えていましたけど肩こりはありませんでした。
運動不足が原因となるなら運動をしている人は肩こりにならないはずですよね?
しかし、実際はスポーツ選手の方でも肩こりの方はおられます。
つまりこれらは根本ではなく、肩こりの一因に過ぎないのです。

2、肩こりは揉めば揉むほど悪化します!

肩を揉んでもらうのって気持ちいいですよね。
最近では美容院とかでもシャンプーの後とかでマッサージをしてくれる所も増えてきています。
ですが、筋肉は揉んでもらった直後は確かに緩むのですが、その後2~3時間程度で元の筋肉より硬くなってしまいます。
筋肉が硬いというのも根本ではありませんが、肩こりの症状を悪化させる要因となりますので、ご注意下さい。

3、硬い=肩こりではありません!

前項でも少し述べていますが、これが一番多くの方が誤解されている事実だと思います。
「肩の筋肉が硬いから肩こり」ではありません。
私が今まで何千という患者さんと接してきた中で、本当に肩の筋肉が硬くなっていた方はおおよそ10%程度です。
それでは、肩こりがあるとはどういう状態を指すのかというと、「肩こりと呼ばれる症状の自覚がある状態」です。
例えば、「実際に肩が硬くても何も症状は出ていません」この方は肩こりではありません。
「肩はふにゃふにゃだけど、肩が重い、頭痛がする」この方は肩こりです。
といったように自覚症状の有る無しで自分の身体を思い返してください。
皆さんはどうですか??

私は7年の勤務の中で肩こりの原因追究に努めて、肩こりの根本改善にたどり着くことができました。
肩こりはもう治らないと感じている方は、是非ご相談ください。

ただ、整骨院利用したことの無い方はどんなことされるのかな…
痛いのかな…と不安だと思います。
そのような方のために簡単に内容をご紹介いたします。

  • 首、肩に関わる関節の可動域を広げる施術
  • 通常では施術されない小さな筋肉の硬さを調整
  • 施術にて、自律神経系へのアプローチを行う
  • その他身体の不調を改善へ導くよう施術

また、「施術を受ける程しんどくない。」という方は以下のことにご注意ください。

  • 肩を揉まない
  • 水分を細目に摂る
  • 同じ姿勢を30分以上取らない

これだけでも肩こりの進行防止に効果的です。

このようなアドバイスだけのご相談も歓迎です。
肩こりについて聞きたいことがあれば、すぐにお電話ください。

※特別専門施術は健康保険の適用外施術となります。