患者さんとのよくある会話part2 単なる寝違え???

おはようございます。

 

まさか、ブログの画像に魔女狩りのイラストを

使う日が来るとは夢にも思っていませんでした。

でも、今回のお話にはぴったりかなと思います。

 

患「先生。夕方からすげー背中が痛くなったんよ~。」
私「だいぶ痛そうですね…何をして痛くなったんですか??」
患「何もしとらんけど気づいたらめちゃ痛かった。」
私「なるほど。それなら朝から違和感はありましたよね?」

患「言われたら朝から気持ち悪い感じはあったな~。」

私「ですよね。これ寝違えですから。」

患「えっ!?首痛くないし、朝はそんなに気にならんかったよ??」

 

これはGW前にあった診察室での患者さんとの会話です。

ちなみにこの後にこられた新患さんとも同じような会話をしました。

結構よくある会話です。

この会話から患者さんにとって重要な事がいくつか

分かるのですが、皆さんは分かりますか??

少し考えてみて下さい。

・・

・・・

考えていただけました??

それでは私の気づいたことを挙げていきますね。

 

  • 寝違えを首が痛いものと思っている。
  • 寝違えは朝痛いものと思っている。
  • 寝違えを軽症と思っている。

 

他にも色々な事に気づける会話ですが、

とりあえずこの3つ。何が言いたいかというと…

「この患者さんは自分を寝違えではないと

 自己診断をしていて、

 寝違えというものに関して

 固定観念を多く持っている。」

という事が分かるんです。

 

これって患者さんにとってすごく怖い事なんです。

自己診断に関しては言わずもがなですよね。

最近はネットとかでも簡単に情報が集まりますから…

多分こうじゃろと思い込んでる方が多いです。

ただ、ネットの情報って基本的に古い情報か個人の主観的なものが

多いので、本当の事がすごくわかりづらいんです。

なので、安易に自己診断をせず、ちゃんとその物事に関するプロに

相談して下さいね。

 

そして固定観念も怖い。

寝違えは首だけじゃないですよ??

寝違えでも重篤なものもありますよ??

寝違えについてはまたいずれ語る日も来ると思いますが…

 

皆さんは囚われていませんか??

加齢のせいで痛いとか。

身長ををのばすために牛乳を飲むとか。

仕事柄しょうがないとか。

それが本当に正しい事なのか。

固定観念のせいで正しい治療を受けられていない方や、

間違ったことをして痛くなっている方はとても多いです。

 

皆さんは自己診断や固定観念で、

決めつけたり、思い込んだりしていませんか??

 

 

 

まるた整骨院は常に皆さんに最新の正確な情報を

お伝えするように心がけています。

何かあればどんな些細な事でも聞いてみてください。

 

今回はここまで。

何か質問や気になる事があればいつでも・・・

もしくは、086-221-7272まで。

気軽にお問合せ下さい。

 

今日の患者さんのお悩み

ぎっくり腰、肩こり、腰痛、捻挫、スポーツ外傷、             頭痛、むち打ち、テニス肘

岡山市北区奥田のまるた整骨院