※私は身体の歪みなんてありませんという人は見ないで下さい。

おはようございます。

この記事を見ているあなたは

身体の歪みが自分にあると思っている人、

もしくは見ないでくださいと言われても

興味本位で開いてしまう人ですね(*^-^*)

さて、そんな方々に大前提として伝えておきたい事が・・・

実は歪んでいるのは”正常”なんですよ! 

という事です。 歪んでいていいんです。

今、鏡で自分の姿見れる方は見て頂きたいのですが、

じっくり見れば左右差のある所ばかりです。

例えば目の位置、手の長さ、足の長さ、などなど。

もし、左右差ないよ!という方は無意識に調整しちゃう方だど思います。

左右差はあって当たり前です。

その左右差を補正するために、骨盤や背骨がうまく歪んでいるわけです。

これは異常でしょうか?

その歪みを無くすことは、腰痛を治す事につながるでしょうか?

様々な理論はあるでしょうが、

これでは腰痛を根本的に改善することはできません。

そして、もし歪みが全ての原因であるならば、

その歪みさえ治すことができたら、腰痛は再発することはないです。

しかし、実際には歪みを治してもらったという方の中にも

痛みが残っている、もしくは再発する方も多数おられます。

さらに、言わせて頂ければ、

左右差だけの話をする方が多いのもおかしくないですか??

人間は平面の生き物ではありません。

左右。上下。前後。中と外。表面と深層。などなど。

全てを歪みなくすることが出来るのでしょうか??

・・・・・・・・・・・・・・・・

腰痛や肩こり、痛みで本当に治したいという方、

身体の悩みを根本的に治したい方は

質問や気になる事があれば・・・

もしくは、086-221-7272まで。

いつでも気軽にお問合せ下さい。

ついやりがちなあれについて・・・の続き。

おはようございます。

少し前の記事で湿布についてのお話をしました。

今回はその続き。

というより患者さんから質問を頂いたので

お答えしたいと思います。

その質問とは・・・

Q,痛み止めはいいの?悪いの?

という質問ですね。

湿布以上に使ってる人が多いかもですね。

頭痛の人とかは特に。

結論から言いますと、施術期間中の服用はお勧めしません。

痛み止め、ロキソニンやボルタレンを処方される方が多いと思いますが、

やはり強い薬なので副作用も強いんですよね。

胃腸機能の障害や、吐き気、目まい、眠気とか。

あと怖いのは依存性がある事ですね。精神の鎮静作用もあるので。

それと、痛みって悪いものですけど、同時に大事なものなんです。

ここが悪いよっていう事を教えてくれるものなので。

しかし、痛みがあまりにもひどい場合、

通院できない場合などこのようなときは、

服用していただいて構いません。

ただ、忘れないでください。

痛み止めはあくまで「痛みを止めている」だけです。

決して身体を治すものではなく、

組織の修復が進むわけではありませんので、

出来るだけ早く施術を受けていただくことが理想と考えます。

質問や気になる事があれば・・・

もしくは、086-221-7272まで。

いつでも気軽にお問合せ下さい。

ついやりがちなあれについてお話します!!

おはようございます。

皆さん肩や腰がしんどい時ってとりあえずどうしますか??

きっと湿布を貼るという方も多いと思います。

なので、今回はちょっとだけ湿布についてお話します。

湿布とは、経皮的消炎鎮痛剤のこと。

文字通り鎮痛のためのものです。

温感湿布とか冷感湿布と言って、

温かく感じたり、冷たく感じたりするものもあります。

ただ、一つここで気を付けて頂きたいのが、

実際にはほとんど組織の温度変化は起こらないという事です。

どちらのシップも皮膚の表面温度を1度だけ下げますが、

これは気化熱によるもので、たいした効果はありません。

だから冷やすために…とか、

温めるために…という目的で湿布を使っても、

それほどの効果は望めないのでご注意ください。

それともう一つ気を付けて頂きたいのが、

湿布を色んな所に同時に貼らないで下さい。

湿布自体に副作用があるというのもありますが、

薬物濃度がとても高いため、思わぬ症状を引き起こすこともあります。

1枚で十分、全身に作用するくらいの強い薬ですから・・・

他にもいろいろ湿布についてお話したい事はあるのですが、

何を一番お伝えしたいかというと、

湿布は治す物ではありません。

一時しのぎに過ぎないという事をわかって頂きたいんです。

こう言うと中には湿布で楽になるという方もおられると思いますが、

それは痛みを感じていないだけではないですか??

治ったとはどうなる事を指すのでしょうか??

・・・・・・・・・・・・・・・・

腰痛や肩こり、痛みで本当に治したいという方、

質問や気になる事があれば・・・

もしくは、086-221-7272まで。

いつでも気軽にお問合せ下さい。

Q,整骨院へはどんなタイミングで行けばいいの??

おはようございます。

皆さんはいつ、どんなときに

「整骨院」にかかろうと思いますか?

これ結構迷う方が多くて、

どの程度まで様子を見ていいかわからない方や、

どんな状態の場合に整骨院で見てもらうのか分からない、

あなたもそうじゃありませんか??

・・・

簡単にいってしまえば、

何かして痛くなったとき、

ようはぎっくり腰になったり、寝違えたときとか、

足首をくじいたとき、突き指なんかもそうです。

肉離れや打撲、骨折や脱臼も整骨院の得意分野です。

一般的な整骨院ならそのくらいですかね。

しかし、まるた整骨院は「かかりつけ医」のような整骨院です。

整骨院で施術できるものはもちろん施術して良くしていきますし、

それ以外のものであればその疾患に応じた適切な対処を案内します。

なので、肩こりとか、五十肩とか、ヘルニアとか、脊柱管狭窄症とか、

しびれるとか、力が入らないとか、何処かが痛むとか、

むくみがあるとか、違和感だけあるとか、

とりあえず自分の身体の事で気になる事がある。

こんなときにまるた整骨院を頼っていただければ嬉しく思います。

タイミングとしては、もちろん痛くなったらすぐに!

・・・がベストですけど。

でも「良くなりそうかな・・・??」くらいであれば、

2~3日たってまだ痛みがあれば行こう!

という感じがいいですね.

例えば肩こりなら・・・

頭痛が出たらすぐにとか、

首の痛みが出たらとか、

なにか自分の中で基準をつくって、

その状態になったらすぐにまるた整骨院へ

お越しいただくのが良いかと思います。

質問や気になる事があれば・・・

もしくは、086-221-7272まで。

いつでも気軽にお問合せ下さい。